産科のご案内 婦人科のご案内


診療内容   女性ならではのお悩みに親身になってお答えします。お気軽にお越しください。

子宮がん検診
不妊症
更年期
思春期
性感染症
避妊相談
予防接種
その他婦人科疾患一般
子宮頸がん予防ワクチンの接種を行っています。

子宮頸がんはその他のがんと異なり、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染から発症するがんであることが明らかになっています。
HPVは、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、多くの場合、性交渉によって感染すると考えられています。
すべての女性の約80%が一生に一度は感染していると報告があるほど、とてもありふれたウイルスであり、このことから性行動のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っていると言えます。

海外では以前からHPVの感染を予防する「子宮頸がん予防ワクチン」が積極的に接種されてきましたが、近年日本でも導入され、2013年からは定期接種(該当者は公費助成により無料)になりました。

詳しくは「Know!VPD−ワクチンで防げる病気(VPD)を知って子供たちの命を守る」のサイトをご覧ください。
緊急避妊(アフターピル)のご相談について

避妊をせずにセックスをしてしまった場合や途中でコンドームが破れてしまい避妊が失敗してしまった時に妊娠を防止する方法として、アフターピルを用いた緊急避妊法があります。
体への負担も少なく、より確実な避妊効果を得られる新しいお薬も選択できるようになっています。

当クリニックで処方が可能ですので、心配な方はお早めにご相談ください。
(性交から72時間以内にお越しください。)